調査研究


14.千田透の時代を読む視点(7)
「3割負担、誰もがサービスを受けられる仕組みを」

シルバー産業新聞2017年5月10日号

 


13.千田透の時代を読む視点(6)
「市町村へのインセンティブ。国が標準的な形を示せ」

シルバー産業新聞2017年4月10日号

 


12.千田透の時代を読む視点(5)
「混合介護、安心して利用できる環境づくりが大事」

シルバー産業新聞2017年3月10日号

 


11.千田透の時代を読む視点(4)
総報酬割の導入により、今後の改定が更に厳しくなる

シルバー産業新聞2017年2月10日号

 


10.千田透の時代を読む視点(3)
「これまで以上に社福の存在意義を示してもらいたい」

シルバー産業新聞2017年1月10日号

 


9.あらためて「介護の原点」を問う

2017年4月17日
社会福祉法人健光園 理事長 小國 英夫
「My Care Plan News」(176,177,178号)巻頭言からの転載

 


8.千田透の時代を読む視点(2)
「介護職員の処遇改善、加算ではなく基本報酬で」

シルバー産業新聞(2016年12月10日号)

 


7.千田透の時代を読む視点(1)
「介護保険制度の普遍化を実現すべき」

シルバー産業新聞(2016年11月10日号)

 


6.「自立支援介護」が介護の概念となるのか

2016年12月27日
社会福祉法人陽光 理事長
一般社団法人 国際介護人材育成事業団 理事長
金澤 剛

 


4.一般社団法人 国際介護人材育成事業団の設立と目指すもの

2016年9月16日
一般社団法人国際介護人材育成事業団
専務理事 小沼 正昭

 


3.新総合事業で地域づくりは困難「コミュニティの再生」市民の責任

2016年8月19日
社会福祉法人健光園 理事長 小國 英夫
※シルバー新報2016.8.19号からの転載

 


2.介護人材の絶対的不足状況に際し

2016年7月26日
社会福祉法人陽光 理事長  金澤 剛

 


1.「日本の介護」を必要とする国、必要とする人々に伝えるために

2016年2月23日
社会福祉法人陽光 理事長 金澤 剛

 

第1章 はじめに
第2章 日本に於ける「介護」
第3章 日本の介護問題・特に介護人材不足について
第4章 台湾に見る介護の専門性の必要度
第5章 今私どもは何を具体化すべきなのか